ママ振りを着たい!!!

こんにちは! きもののほそみ舞鶴店の藤森です。
今回は「ママ振り」についてです。

ここ数年お母様の振袖を着られる方が増えてきました。
その理由は

① バブルの頃に成人式だったため 振袖を購入している。
② 丹後が近く、ちりめんの産地が近いから。
③ 友達の結婚式などで着用したため。

などがある。
そこできもののほそみでも「ママ振り」を応援しています。
本当に素晴らしいお振袖や、今では制作出来ないお振袖まであります。

ほそみでは「ママ振り一新プラン」というお得なプランがあります。

(内容)は

帯締め・帯揚げ・重ね衿 3点購入
前撮り撮影会時の ヘア・メイク・着付 撮影

がセットになったプランです。

その他、帯・草履バックのレンタルもしております。

ママ振り最大のポイントは小物のトータルコーディネートです。
これから私藤森がオススメの小物の紹介をさせて頂きます。

① 草履バック

年数が経ちますと、鼻緒や台の金彩が剥がれたりします。
きもののほそみ舞鶴店のイチオシをご紹介いたします。

高級感のある素敵なバックです。 古典のお振袖にピッタリです。
訪問着になっても使用可能な商品です。
一番のポイントは草履の裏面が赤いところです。

私、藤森が一番好きな商品です。
「岩佐」という有名なメーカーさんの商品でありながら、とてもおしゃれです。
黒地に赤い椿の花ポイントになっています。

② 刺繍半衿

お振袖のコーディネイトで大切なのは、お嬢様のお顔の近くです。
お店には様々な種類の半衿があります。
お嬢様のお顔とお振袖の色とあわせてコーディネイトさせて頂きます。

今回は3点のご紹介です。
一番手前は朱色やお着物の色がふんだんに使われた刺繍が入っています。
ママ振りに合わせやすい半衿です。

真ん中は私の一番のオススメせす。半分に折ると紫とピンクで使い分けが出来ます。
例えば、撮影会は紫の方を出して、式当日はピンクの方を出す事も出来ます。

一番奥は濃い赤字のタテの3本のラインが特徴です。
柄に黒い糸の刺繍が入っていますので、かっこよくなります。

③ 帯締め

帯締めは年々新しいものが出てきます。
帯の上でワンポイントのアクセントになります。
サシ色でコーディネイトしても素敵です。

通称「ボンボン」と呼んでいます。
一昨年あたりから少しずつでてきました。
お花の所が手作りで、あまり数がありません。

ちょっとモダンな洋花の帯締めです。
ワンポイントになります。

今回は草履バック・刺繍半衿・帯締めを紹介させて頂きました。
次は重ね衿・帯揚げを紹介しますので、楽しみにしていてください!

“詳しくはお気軽にお問い合わせください。お電話でもホームページからでも大丈夫です!

【ご予約】https://www.hosomi-gofuku.co.jp/form-g/goraitenyoyaku.html

【お問い合わせ】https://www.hosomi-gofuku.co.jp/form-o/otoiawase.html

みなさまのご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております😊

--------------

きもののほそみ
(ゆめタウン店)
TEL0795-82-7000(営業時間10:00~20:00)

(舞鶴店)
TEL0773-78-3405(営業時間10:00~19:00)

MAIL info@hosomi-gofuku.co.jp

【きものクリーニング】https://www.hosomi-cleaning.com

【着かた倶楽部】 https://kikataclub.com/”

関連記事

PAGE TOP

ご来店のご予約・お問い合わせ

安心&高品質な成人式準備と前撮り撮影は
振袖専門店 きもののほそみへご相談ください。

お電話でのご来店予約・お問い合わせはこちら

《 丹波ゆめタウン店 》

【営業時間】AM10:00~PM8:00 年中無休

《 舞鶴店 》

【営業時間】AM10:00~PM7:00【定休日】火・水・木曜日

無料相談会予約