振袖の柄の違いって? ~ 古典 ~

こんにちは! きもののほそみゆめタウン店の髙橋です!

梅雨に入り、紫陽花が雨露で濡れて彩り華やかですよね✧

ピンクや青、さまざまな色を見ていると心が癒されます

さて、最近色々な柄の振袖がありますよね

イマドキなかわいい振袖や、昔ながらのお淑やかな振袖

どれが自分の好みなんだろう・・・と悩まれていませんか?

そんな皆様に少しでも振袖選びのお手伝いをできたらと思い、

古典・新古典・和風モダン・グラマラスの4つに分け

振袖の柄を紹介していきたいと思います♪

今回はそんな中でも

昔ながらの『 古典 』について紹介していきたいと思います!

古典にはさまざまな種類があるんです!

① 絞り

絞りの立体感と豪華さが魅力の振袖!

絞りとは絞り染めという技法を使います。

生地を糸で括りつけることで染める際、生地の一部が染まらない部分を作ることにより柄を作っています

絞り染めは昔から伝わる伝統的な染め技法です

成人式ではほかの子より上品さが出せるかも♪

② 辻が花

幻の辻が花と呼ばれている古くから伝わる古典柄

辻が花とは縫い取り絞りという技法を使います。

模様の輪郭を細かう縫うことにより絞り染めで複雑な模様を表現しています

辻が花は華やかな印象もあり、訪問着にも使われる柄になります

なので、辻が花の振袖は高級感もあり、大人っぽさを出すことが出来ます♪

③ 友禅

友禅には 京友禅、加賀友禅、等があります

京友禅は、手書きで柄付けをしています

箔や刺繍などで文様を付けており華やかなお振袖になります

はんなりとした雰囲気と、豊かな色彩が特徴的!

加賀友禅は、模様を彫った型紙を使い柄を付けています

手描きとは違い、箔や刺繍等での加飾がなく、強くはっきりした柄付けが特徴です

友禅も訪問着などに使われる柄なので

優雅さ、日本人の着物の美しさを纏うことが出来ます♪

最近では新古典でも京友禅や加賀友禅に似た振袖があります

いかがでしたでしょうか?

振袖にはさまざまな柄があります

古典柄は昔から日本に伝わる伝統的な柄で一度は着てみたくなる柄ですよね♪

『きもののほそみ』ではたくさんの柄を取り揃えております

自分に似合う柄がわからない・・・なんてお嬢様もお悩みも一緒に解決いたします!

あなたに似合う素敵なお振袖をみつけませんか?

“詳しくはお気軽にお問い合わせください。お電話でもホームページからでも大丈夫です!

【ご予約】https://www.hosomi-gofuku.co.jp/form-g/goraitenyoyaku.html

【お問い合わせ】https://www.hosomi-gofuku.co.jp/form-o/otoiawase.html

みなさまのご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております😊

--------------

きもののほそみ
(ゆめタウン店)
TEL0795-82-7000(営業時間10:00~20:00)

(舞鶴店)
TEL0773-78-3405(営業時間10:00~19:00)

MAIL info@hosomi-gofuku.co.jp

【きものクリーニング】https://www.hosomi-cleaning.com

【着かた倶楽部】 https://kikataclub.com/

関連記事

PAGE TOP

ご来店のご予約・お問い合わせ

安心&高品質な成人式準備と前撮り撮影は
振袖専門店 きもののほそみへご相談ください。

お電話でのご来店予約・お問い合わせはこちら

《 丹波ゆめタウン店 》

【営業時間】AM10:00~PM8:00 年中無休

《 舞鶴店 》

【営業時間】AM10:00~PM7:00【定休日】火・水・木曜日

無料相談会予約